多血小板血漿(PRP)療法

多血小板血漿(PRP)療法のご案内

当院は、再生医療等の安全性の確保等に関する法律第40条第1項の規定に則って、特定細胞加工物製造届出を行い、細胞培養加工施設としての認可を受けております(細胞培養加工施設番号FC3180041)。
また、同法に則った第三種再生医療について1種類、第二種再生医療2種類、計3種類の再生医療等提供計画の認可を得て、認定再生医療等委員会を通じて定期的に厚生労働省へ治療報告を行っています(計画番号PC3180111<第三種再生医療>/PB3180012・PB3180086<第二種再生医療>)。
詳細は厚生労働省の下記サイトをご参照ください。

詳細はこちら

自己多血小板血漿(PRP : Platelet-Rich Plasma)注入療法とは?

血液中の血小板や血漿内には、組織修復を促進する様々な成長因子、炎症を抑える働きなどを持つサイトカイン、糖蛋白、接着分子、蛋白分解酵素などの生理活性物質が多く含まれています。ご自身の血液を採取し、遠心分離機と特殊な閉鎖式精製キットを使用して、血小板を濃縮した血漿 (PRP) を作製し、これを患部に注射する治療法が自己PRP注入療法です。これら様々な分子が患部の細胞に働きかけ、人の本来持っている治癒能力や組織修復能力、再生能力を引き出して組織再生や創傷治癒を促したり、抗炎症作用を発揮したりすることで、痛みが取り除かれていくと考えられています。
海外では、すでに10年以上の実績があり、早期復帰が必要なプロアスリートや、重要な試合を控えたトップアスリート、テニスやゴルフ、ジョギングの愛好家の方などを対象に、広く行われています。最近では、ヤンキースの田中将大投手やエンゼルスの大谷翔平投手が右肘の靱帯損傷に対して本治療を受けたことで脚光を浴びました。

筋・腱・靱帯注入用精製キット

閉鎖式精製キットを用いて血小板を濃縮したPRPを作製

関節腔内注入用精製キット

自己PRP注入療法により、テニス肘、またはゴルフ肘と呼ばれる肘内側・外側上顆炎、ジャンパー膝と呼ばれる膝蓋腱炎、アキレス腱炎、足底腱膜炎などの腱付着部症や、肉離れ、筋・腱断裂、靱帯損傷などのケガをより早期に治癒させる確率を高め、慢性化した腱や靱帯由来の痛みを軽減する効果が見込まれます。変形性関節症に対しては、関節滑膜の炎症を抑え、内在性ヒアルロン酸分泌を促進し、関節内サイトカイン濃度を修復するなど関節内における生体恒常性が制御されることで除痛効果が発揮されると考えられています。さらに、軟骨の細胞に成長因子が作用することで、軟骨組織の合成や軟骨細胞の増殖をもたらす可能性や、損傷組織に修復機転が働き、変形の進行を抑制する効果も期待されていますが、まだ明らかでなく、今後の研究が待たれます。
PRP療法は、日本ではまだ保険診療の対象外のため、自費診療扱いとなります。まずは本治療の適応であるかを診断するために、一度通常の受診をしていただきます。治療の適応がある場合には、治療日を決めて予約します。

主な適応疾患

  • 上腕骨外側上顆炎(テニス肘)
  • 上腕骨内側上顆炎(ゴルフ肘)
  • 膝蓋腱炎(ジャンパー膝)
  • 足底腱膜炎
  • アキレス腱障害(アキレス腱炎・腱周囲炎)
  • 肉離れ(筋不全断裂)
  • 肘・膝・足関節靭帯損傷
  • 手関節TFCC損傷
  • 変形性関節症(変形性膝関節症、股関節症、足関節症など)
  • 膝半月板損傷
  • 肩腱板損傷
  • 難治性骨折

治療効果および他の治療との比較について

本療法に関しては、上述の通り整形外科領域ではアスリートを中心に国内外で普及していますが、まだ十分なエビデンス(医学的根拠)が確立されているとは言えず、現時点では臨床経験則に基づいた治療と言えます。個人の自然治癒力を利用しているため、治療効果に部位差や個人差があり、治療効果を保証するものではない旨をあらかじめご了承ください。病態によっては複数回の治療が必要となります。とくに変形性関節症に対する治療については、病態や痛みを生じるメカニズムは個々に異なり単一なものではないため、それ単独で治療を完結できるものではなく、多くの場合は運動器リハビリテーションなどの他の治療法との併用も必要となります。ただし、ステロイド等の薬剤を使用せず、ご自身の血液のみを用いた治療であるため、安全性が高く大きな副作用は生じ得ないという点で、他の治療による難治例や手術療法をできる限り回避したい場合には検討の価値がある治療法と言えます。一般には2~3回前後の治療を受けられる方が多いですが、病態に応じて治療間隔を決め、治療効果を確認しながら次の来院日を決めていきます。

昨今、世界中に数多くのPRP作製キットが流通しており、精製されるPRPの組成は製品間で必ずしも同一ではありません。白血球が多く含まれたPRP(高白血球PRP)、白血球の少ないPRP、その他、治療に際していずれのPRPを用いるべきかは議論の多いところです。 本邦で臨床使用可能な厚生労働省認可の高度医療管理機器(クラスIII)として認められているPRP作製キットは現在2製品しかなく、どちらも高白血球PRPです。高白血球PRPは様々な優れた作用をもつ反面、正常な軟骨に影響を与える可能性が実験レベルでは示唆されていますが、臨床レベルで証明されたわけではなく、患者さん個々により病態は異なりその多くは単一なものではないため臨床所見や画像所見だけでクリアカットに使い分けるのは困難です。 私どものような小さなクリニックにとって大切なのは信頼性の高いキットを用いてできるだけ簡便で安全性の高い治療を行うこと、また1人でも多くの患者さんが痛みから解放されるよう価格面でのハードルを可能な限り下げることと考えています。当院では関節内投与となる第二種再生医療に関しては、安全性を最優先し、上述の厚生労働省認可の高度医療管理機器(クラスIII)製品をバッフィーコートと呼ばれる遠心分離後の血小板・白血球層の量を微調整して使用しています。また筋・腱・靱帯への投与となる第三種再生医療に関しては、スポーツ選手や学生の患者さんが治療を受けやすいように、安全性と低価格性とを両立させた、欧州ISO 13485/CE Mark Class IIa取得、米国FDA認可のPRP作製キットを使用しています。

2019年2月12日付けでその提供計画が厚生労働省に受理され、次世代型PRPと表されるAPS(Autologous Protein Solution:自己たんぱく質溶液)療法も当院で提供可能となりました。APSは従来の高白血球PRPを脱水・濃縮し抗炎症作用を増幅させた高濃度PRPで、強い消炎効果や長期間の持続効果が期待されています。関節内で炎症を引き起こす炎症性サイトカインと言われるタンパク質の活動を阻害することで、炎症を抑え、痛みを軽減するとされています。現在、院内での直接予約受付を開始いたしました。 APSは欧米でのデータからその効果の高さ(とくに単回投与での効果持続性)が期待できるものの、PRP同様すべての方に効果を確実に保証できるものではなく、作製キットそのものが非常に高価なのが現状です。従来型PRPで効果が得られる方はPRPベースのAPS治療にも同様な効果を示すであろうことは容易に想像がつきます。費用対効果に不安を抱かれる方には、まずはPRP治療で効果を試してみてからのAPS治療をお勧めしております。従来型PRPでは効果が得られない重度の関節症の方をAPS治療で救うことができれば、1人でも多くの方が手術を受けることなく痛みから解放されればと願っていますが、それには今後各医療施設のデータの蓄積や研究が必要であり、その成果が待たれます。

安全性と注意点について

  • PRPは、ご自身の血液から清潔操作によりその場で作製し、その後直ちに注入するので、ウイルス感染の危険性やアレルギー反応を起こすこともなく、安全です。
  • 一般的な採血手技に伴う、アルコール消毒による皮膚のかぶれ、血管・神経損傷、血管迷走神経反射による気分不快などはごくまれに起きる場合があります。
  • 注入部位からの感染を防ぐためにも、注射当日の入浴や患部のマッサージ、喫煙、飲酒、激しい運動は控えてください。翌日以降は通常通りの日常生活を送っていただいて構いません。ただし、治療の部位や病態によっては1週間程度運動を控えた方がよい場合があります。
  • PRPの注入には25~30Gと呼ばれる細い注射針を使用しますが、肘の腱・靱帯付着部など部位によっては強い痛みを伴うことがあります。
  • 治療後3~4日間は、細胞の活発な代謝が起こり、軽度の炎症を伴うため、痛みや腫れを生じることがありますが、徐々に軽減していきます。

料金について

自己PRP/APS注入療法料金

筋・腱・靱帯への注入(第三種再生医療等技術)

  • PRP注射1単位:採血10ml / PRP 1ml 20,000円
  • PRP注射2単位:採血20ml / PRP 2ml 40,000円

関節腔内への注入(第二種再生医療等技術)

  • PRP注射1関節:採血30-32ml / PRP 4ml 80,000円
  • APS(次世代型高濃度PRP)注射1関節:採血55ml / APS 2.5ml 320,000円
  • *料金はすべて税抜き価格です。
  • *料金には診察料、採血・注射施術料、PRP/APS精製技術料、精製キット他諸材料費が含まれます。
  • *他の医療機関からの紹介で初めて受診をした日にPRP/APS治療を受ける場合には初診料として別途3,500円 (画像診断料や超音波検査診断料を含む)を加算させていただきます。
  • *治療の部位、対象組織や病態により(再生医療の区分分けがなされ)PRPの必要量と使用する精製キットが異なります。詳細はおたずねください。

治療実績・成績

院長が在籍していた東京慈恵会医科大学整形外科の関連病院では、これまで、関節内病変のない肘外側上顆炎・肘内側上顆炎(テニス肘、ゴルフ肘)、足底腱膜炎、膝蓋腱付着部症(ジャンパー膝)、大腿内側広筋腱付着部症、アキレス腱付着部症・腱症、陳旧性アキレス腱部分断裂、陳旧性大腿直筋腱部分断裂、陳旧性膝内側側副靱帯部分損傷、陳旧性足関節靱帯部分損傷、シンスプリント、肩関節肩峰下滑液包炎などに対し、当院と同一の作製キットを用いたPRP治療が行われました。
治療効果としては、2回から3回の注射で、痛みは消失・軽減しており、MRIなどの画像検査でも、患部が修復したことが確認されています。当院では2015年11月以降、2019年2月15日現在、筋・腱・靱帯への第三種再生医療等技術としては股関節内転筋損傷、肘内外側上顆炎、足底腱膜炎、膝蓋腱炎、アキレス腱炎、膝・肘関節内側側副靱帯損傷など98名のべ270例に、関節腔内への第二種再生医療等技術として変形性膝・足・股関節症、肩腱板損傷など166名のべ683関節に対してPRP治療を行いました。有害事象として厚生労働省に報告した例は1例もなく、PRP治療の安全性の高さが確認されております。
治療成績に関しては、現在データの解析を行なっております。疾患や病期によっても異なってくるため、治療効果の評価方法を含め今後の治療に向けて有用なデータが得られるよう準備検討中です。

診療内容
  • 一般整形外科
  • スポーツ整形外科
  • 小児整形外科
  • リハビリテーション科
  • リウマチ科

膝関節 専門外来

多血小板

体外衝撃波治療外来

鍼外来

装具外来

診療時間

 
午前
午後

午前 9:00~12:30
午後 14:30~18:00
休診 木・土午後・日・祝日

  • Web予約をされていない初診の方は診療終了時間の1時間前までに(平日午前および土曜は11:30まで、平日午後は17:00まで)、運動療法を時間予約されていない再診の方は30分前までに(平日午前および土曜は12:00まで、平日午後は17:30まで)受診手続きをお済ませください。

スタッフ募集中

スタッフ募集中

中央区ドクターズ

ドクターズファイル

ドクターズファイル

東京中京ネット

ページトップへ

リバーシティすずき整形外科

Tel. 03-3534-5678
〒 104-0051 東京都中央区佃1-11-8
リバーシティ21 ピアウエストスクエア 2階